白馬村 八方の神社

八方・八方口の産土さま
諏訪神社

白馬村北城5143番地
ご祭神  武御名方命               

 

八方の郷は、「細野」と呼ばれ、細野諏訪神社とも称される。
治承元年(西洋歴1177)、諏訪大社より勧請。
元禄10年(西洋歴1697)社殿が全焼。再び諏訪大社より御分霊を受けた。
皇族の崇敬も厚く、戦前は白馬御登山の折りに必ず御参拝された。
御神木の杉は推定樹齢千年の大木で、村指定文化財。
八方尾根スキー場の麓に鎮座し、競技関係者の参拝も多い。

「霜降宮」と称され、
同じく白馬村北城に鎮座する霧降宮(切久保・諏訪神社)
雨降宮(嶺方・諏訪神社)と繋がりが深い

9月の例祭には岩神輿・女神輿・子供神輿が賑々しく練り歩く

DSC_1501 (2).jpg

小さな神社は、地域の方々が管理されております。
常駐する神職はおりません

諏訪神社の御朱印は 
元日 昼 御社頭で授与します

2月~12月は毎月1日 午前9時~正午

八王子神社・東隣り 宮司宅の授与所
お授けいたします。


(御朱印さんぽ ルール)
御朱印は、神社参拝の証です。
まず、それぞれの神社に参拝。
携帯電話やデジカメで、各神社 境内の写真を撮影。
写真画像をお示しいただいた方に 
参拝された神社の御朱印をお授けいたします。
*小人数で対応しております。
 誠に申し訳ございませんが、
 お待たせするときもあります。
 時間には余裕を持ってお越しください。

小さくても 其れ其れの地域で 永い伝統を誇る 
神社巡りをお楽しみいただければ幸いです